クリロナの調子が出ないのは仕方ないのかもしれない

ユーロ2016に出場消息筋のC・ロナウドですがどうも実情が上がりません。2戦視線のオーストリア戦でもPKを外すという近年よくある敗戦を犯してしまい組を達成へ招くことができませんでした。
幸いにも負けずに済んだので未だに幸せは持ってる感じですが、ファンはとうにクリロナの最高潮は過ぎたのかもしれないと思わずにはいられなっかたのではないでしょうか。
ポルトガルが予選リーグ終焉戦で達成し決勝トーナメントへすすむことができるかどうかはまだまだ大神のみぞ解るとしか言えません。
仲間入り仲間での長く厳しいシーズンがおわりやっと休めるかと思いきや、こうして代表選に駆り出され、しかも最高の歌唱でファンの目論見に答えることを強要されるのは、
いかほど優等受け取りのベストプロの原則とはいえ、もううんざりなのではないでしょうか?
でもあれだけの賃金もらっているのだから取り組みで踏ん張るのは当然だと思いますが、短く終わってほしいというのが奴らの偽らざる内心だと思いますし、頑張って優勝なんか講じるより、急きょバカンスに出かけて、のほほん休みたい気持ちのほうが必要著しいと思います。

クリロナの調子が出ないのは仕方ないのかもしれない