底地に関することは知っておいた方がよいでしょう

底地とは立派な財産の一つではあります。そもそも貸すことができている不動産であることは確かになりますから、それはよいことになりますが、さすがに考えることもあります。それは一体どんなことであるのか、といいますと借地権がある、という根本的なことです。これが厳しいことになります。意外と怖いこととしてあるのが何十年単位で貸す場合、その借地権には実は地価よりも借地権のほうが高くなってしまっていることすらあるのです。返してもらうときにはとくに問題はないのですが借地権を買い取るという形になりますと物凄く費用がかかることになりますから、これは覚悟しておきましょう。しかし、運用されているタイプの土地ではありますし、そこまで問題がある、というわけでもない、といえる場合もあります。そこが厳しいことになりますから、これは覚えておくようにしましょう。ですが、資産となっていることも確かであり、上手く活用したいところです。

底地に関することは知っておいた方がよいでしょう