美味しく頂く為の、らきょの準備と段取りが、大きく重要である。

最近、カレイの添え物とらきょやふくじん付け等を添えてありますが、美味しくないものが、多いです。それならば、自分で毎年6月に作るようになりました。材料のらきょは、色々ありますが、特に砂地の物が、美味しく頂けます。サイズ的(S,M,L)あります。時期的にも九州産の砂地ものや鳥取産の砂地が、2〜3週間遅れで市場に出てきます。以前は、八百屋へ依頼して、6�s程を購入する。サイズは、MサイズでOKです。最近は、九州産の宮崎ものを使用しております。サイズMを購入するが、漬ける準備で20〜30%減るので、購入時点で調整する。漬ける大ビンを2〜3個を用意する。らきょの清水で洗い、数時間で水をきる。準備品は、焼酎、角砂糖、からし等で、加熱し、冷ます。これをしなで、らきょ酢で簡単に作れますが、ここがポイントです。手間を惜しまず、行うことが必要です。これを5か月から1年間をねかせると、黄金の色になります。この歯ごたえと香やうま味が、最高です。これが楽しみとらきょ酢を水割りで飲むのも、夏の健康ドリンクです。

美味しく頂く為の、らきょの準備と段取りが、大きく重要である。